場所によって相談料を変えて見るのもお勧め

  • 2017.10.22 Sunday
  • 15:21

場所占い師として活動する場合、なかなか相談者が現れない場合もあれであろう。相談者はなかなか現れない中には、相談料が原因である可能性も少なからずあるのだ。

 

占い師としては、相談料の設定というのはなかなか難しいかもしれない。安い相談料であれば、力のない占い師だと思われてしまう場合もある。

 

相談料が高ければ、占いの相談をするに対して相談料が高すぎると思われてしまう場合もあるであろう。

 

相談料の設定というのは難しい内容であるが、活動する拠点地域の土地柄によってもその判断と言うのは、相談者が訪れない原因の1つになっている可能性もある。

 

給料が高い高級住宅地であれば、相談料3,000円と言うのは、一般の占い師の設定料金とそれほど変わらず、力のない占い師だと思われてしまう可能性も高い。このような地域で占い行う場合は、最低5000円からの相談料が望ましい。

 

一般的な庶民が集まる地域においては、3000円ぐらいであれば出しても良いと思われるかもしれないが、そこそこ当たる力がなければ、3000円出す価値がないと思われてしまう場合もあるかもしれない。

 

3000円もあれば、飲食店において、少し高めの料理も食べることができるであろう。

 

占いの道具は使う場合において、エンターティメントとして楽しむ占いであれば、相談料は2500円が妥当だ。2500円という料金は、5000円の半分であり、高くもなければ安くもないと思われる中で、相談をしたいとも思いが現れやすい。

 

これはあくまでも、一般的な地域における、一般的な占いの相談料である。

 

そこそこ自分自身に言い当てる力があるとするならば、それを付加価値とし、3500円ぐらいからの相談料でも、相談者はその料金を支払ってくれる。

 

東洋占いは、エンターティメントして楽しむ目的というより、何かしら悩みを抱え、東洋占いの特有における論理的な内容を把握している知識人、高学歴の人も相談に訪れる傾向も高く、収入がしっかりしている場合もあるため、霊感がある程度高い人であれば、5000円から1万円以内でも相談料の設定はしやすいであろう。

 

これらの内容は、あくまでも私が考える一般論である。どこで占い師として活動するのか、同じ地域であっても、宣伝活動の仕方や、人通りの違いによっても、多少変わってくる場合もあるであろう。

 

占い師に限らず、廃業してしまうお店の多くは、積極性がなく、明るくなく、暗いイメージが漂っている雰囲気がある。相談に応じている場合は、できるだけ顔を上げて行うのが望ましく、人格が原因によって相談者が訪れてこない場合もある。

 

どうしても占い師として起動が乗らない場合は、一度、霊視ができるほどの能力者に相談をしてみるのも良い。

 

占い師になるには、光のみならず、影を学んで初めて、一人前の占い師になれるのである。テレビや広告などは、光ある姿しか映らない姿があるが、占い師になるにはに限らず、必ず影と言う姿がどこにでも存在するものである。

 

その様な中で、以下のリンク先には、占い師になるにはの心構えについて紹介されている。とてもお勧めの文章の様なので、ぜひ、占い師を目指されている方以外にも、占い師に興味のある人はぜひ読んでいただきたい。

 

リンク先はこちらである。 → 占い師になるには

 

以下の占い師に関わるランキング先にも、占い師になるためのお勧めの情報があるかもしれない。ぜひ、一度、足を運んでみるのも良いであろう。


占い師ランキング

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

お勧め情報局

◯水子とは、目に見えない存在であるが、確実に存在をしている姿である。その様な内容について紹介されている。
水子のついてのお話し
◯浮気や不倫は、病気では無く人の心理作用が引き起こすものである。浮気や不倫は、予め防げるのものであり、その様な知識について紹介されている。
浮気と不倫の心を知って恋愛上手

selected entries

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM